タダシップ通販を利用するなら支払い方法に注意!代引きや着払いは可能?

ED治療薬として知られるタダシップ。日本国内は認可されていない薬なので、購入するためには海外輸入代行を利用する方法が最適です。しかしその場合Amazonや楽天市場のような通販とは異なり、支払い方法が限られるケースが多くなっています。

もしもタダシップを輸入代行によって購入するなら、どのような方法で代金を支払えるのか事前に確認しておくことがおすすめです。

タダシップの購入時は支払い方法に注目しよう

「海外の通販サイトを利用するのは少し怖い」
「クレジットカードの情報が流出する可能性はある?」

こういった不安や疑問を抱いている人も少なくありません。
多くの人が利用する通販(Amazonや楽天市場など)の場合、

・クレジットカード
・銀行振り込み
・キャリア決済(携帯電話の利用料として請求される)
・後払い
・代金引換(代引き)

といった方法で支払いを行うことができます。ですが海外の医薬品を扱う通販(輸入代行)を利用するとなると、上記のように豊富な選択肢はありません。では、どのような方法が一般的なのでしょうか。

輸入代行の多くは前払い制

ネットショッピングタダシップを購入する場合はクレジットカード決済、または銀行振り込みなどが主流です。クレジットカードによる支払いに不安があるなら、銀行振り込みが最も確実で安全な支払い方法だと言えます。

日本国内で購入することが出来る薬は、国に安全性や効果を認められていて、一定の水準をクリアしたものです。タダシップはED治療に効果的ですが、残念ながら日本では認可されていません。そのため通販で購入する必要があるのですが、海外の医薬品を扱う通販のほとんどは前払い制です。

代引きや着払いは基本的に不可

タダシップを購入出来る通販の中には代引き・着払いによる決済に対応しているものがあるのですが、実はこの場合法律に違反している可能性が高いのです。

医薬品を個人輸入するためには輸入代行業者の存在が役立ちます。輸入代行会社は購入者(消費者)に代わって海外の製薬会社などに商品を注文する仲介のようなものです。注文された商品自体は海外から直接購入者の元へ発送されるため、本来であれば代引きや着払いを行えません。
法律が絡んでいるため少々難しいのですが、もし利用しようと考えている通販が代引きに対応しているなら、安全性をしっかり確かめるようにしましょう。

信頼できる通販の選択が重要

パソコンを操作する男性海外の医薬品を購入する場合はもちろん、国内の商品を扱う通販を利用する時であっても、サービスの安全性・信頼性は確実に確かめておく必要があります。
サイト全体に目を通すことも大切ではありますが、その通販の口コミなどをチェックするのも悪くありません。実際に通販を利用して医薬品を購入した人の評価なので、通販を選択する際に参考になります。

また、発送が遅れていたり商品が破損していたり、なんらかのトラブルが発生する可能性もゼロではないでしょう。そういった時にしっかり対応してくれるサービスを選択することが理想的です。電話窓口を設置していればすぐ問い合わせることが可能ですし、困ったことがあればしっかり応えてもらえます。

安全で便利な通販を利用するためにも、タダシップそのものだけでなく通販の質にも注目しましょう

一番安全な支払い方法って?

金銭を直接的な受け渡しが出来ない分、通販を利用することに不安を抱くこともあるかもしれません。確かに前払いだと本当に商品が届くのか心配になるものでしょう。

もしも通販でタダシップを購入するなら、出来る限り銀行振り込みを利用することがおすすめです。現在ではコンビニ決済なども主流になっていて、身近な場所で手軽に薬の代金を支払えます。クレジットカードは現金が手元にない場合に便利ですが、情報流出のリスクもあり、通販サイトが違法だった際にはカードの利用を停止される可能性も高いのです。

入金が確認されて初めてタダシップが発送される!

法に則って運営している安全な海外輸入代行サービスであれば、クレジットカード決済や銀行振り込みによる支払いが一般的です。つまり前払いとなるため、入金していなければ商品が発送されることはありません。クレジットカードなら特に問題はないのですが、銀行振り込みは金額が不足していると入金したことにはならず、商品は未発送のままになります。購入手続きの際にしっかりと金額を確認し、入金漏れがないよう気をつけることが大切です。

注文してすぐには商品が届かない

入金が確認されれば注文した商品が発送されます。ただし医薬品を個人輸入する場合は海外から発送されるため、手元に届くのは早くても数日はかかるでしょう。国によっては税関が厳しいこともあるので、発送から1~2週間後に届くというケースがほとんどです。

また、タダシップなどの医薬品が国内から発送されることはまずありません。通販の運営元が海外から取り寄せた医薬品を国内で販売することは法律違反になるため、利用するサービスの選択は慎重に行わなければいけません。

商品追跡サービスが便利

注文したタダシップがいつ届くか分からないと、不在時などに配達されてしまうことも考えられます。EDとはデリケートな問題なので、可能であれば医薬品を購入したことも知られたくないと考える人も多いでしょう。

自分の手で商品を受け取りたいのであれば商品追跡サービスが便利です。通販サイトの中には追跡番号をお知らせしてくれるものがあるため、海外から発送された商品が日本に到着して段階で、いつ自宅に届くのかを簡単に把握出来ます。

郵便局留めを利用することも可能ですが、荷物が届いた際に連絡がくることはなく、気付かない間に保管期限を超えてしまうリスクがあります。そうなるとせっかく国内まで届いていた商品が再び海外に送り返されてしまうので、追跡番号を利用して荷物の場所を確認しておくと安心です。

更新日:

Copyright© 緊張してたたない時は「タダシップ」がおススメ , 2018 All Rights Reserved.