高齢でもタダシップでED治療が可能?副作用の心配は?

現代では若い世代でもEDになる人が多いのですが、50代以上になるとさらに患者数は増加します。この場合はストレスや疲労が原因で起こる心因性EDではなく、体の衰えによる器質性EDだと言えるでしょう。

ED治療薬であるタダシップには血行促進効果があり、それによってEDの症状を改善させることができます。
50代以上の男性が飲むとどのような効果が得られるのでしょうか。また、副作用が強くなる可能性はあるのでしょうか。もしこれからタダシップを飲んでみようと考えているなら、しっかりと疑問を解消しておくことが大切です。

加齢によるEDにもタダシップは効果的

EDが起こる年齢グラフタダシップは心因性EDの症状を改善する効果が見込めることから、30代前後の男性によく飲まれている薬です。しかしご安心ください。高齢になってから起こるEDにもしっかり効いてくれます

ED治療薬の中には強い効果が現れるものも多く、それらを愛用する人もまた少なくありません。ただ、効果が大きいと副作用も強くなります。自然回復が見込めないほどの症状である場合には薬の服用が最も効果的ではありますが、50代以上になると体の衰えによって身体機能も低下していくため、強い薬は避けたいと考える男性がほとんどです。

そこでおすすめなのがタダシップです。EDの改善効果は高くても副作用が少ないというメリットがあり、安価であることから注目されています。シアリスジェネリックの中でも人気がある薬です。

50代以上の男性はEDになりやすい

健康的な生活を送る男性であっても、歳を重ねるたびに身体機能は徐々に低下していきます。もちろんそれは必然的なことです。ホルモンバランスの乱れ、または血圧上昇などが原因でEDになる人は50代を過ぎたあたりで一気に増加します。

また、50代は生活習慣病(高血糖・高血圧・高脂血症)の発症リスクが高くなり始める年齢です。生活習慣病が動脈硬化を招き、陰茎の血管にダメージを与えてしまいます。陰茎の血管は元々細いものなので、動脈硬化の症状が現れやすいのです。

このことから、50代以上の男性はEDになりやすいと言えます。高齢になるほど患者数は増加し、70代以上では全く勃たないという男性も多くなります。

服用時に気をつけることは?

タダシップは食事によって効果が薄くならず、食前・食後のどちらでも服用可能な薬です。しかしより確実な効果を求めるのであれば空腹時に飲むことが最適で、セックスの2~3時間前には飲んでおくとスムーズに勃起します。過度な飲食やアルコールの摂取は控えた方がいいでしょう。

また、1錠飲んだら必ず24時間空ける必要があります。1日に2回以上服用すると効果が強くなりすぎてしまい、体に大きな負担がかかることになるでしょう。追加で飲む場合24時間以上経っていれば問題はありません。このルールを守れば連日服用することも可能です。

高齢男性がタダシップを飲んでも副作用が大きくなることはない!

50代以上の男性がED治療薬を服用する上で最も気になる点と言えば、効果の高さや副作用の大きさでしょう。
タダシップは飲んだらすぐに効くわけではなく、徐々に効き始める特徴があります。そのため体にかかる負担が少なく、副作用も最小限に留められるのです。

高齢男性が服用した場合でも副作用は少ないので安心です。それでも心配であれば1錠を半分に割って飲んでみるといいでしょう。半錠飲んだとしても効果はしっかり得られます。

心臓や血圧の病気を患っている人は要注意

薬を持つ手タダシップは多くの男性に飲まれている薬ですが、一部の患者には服用が禁止されています。
例えば50代以上に多い心臓病・高血圧など特定の疾患がある場合、タダシップを含むEDの薬が重篤な副作用を引き起こす可能性が高いのです。

タダシップは血管を拡張して血液の流れを良くする効果があるのですが、心臓病や高血圧の患者はこの効果によって心臓に負担がかかりやすいため、服用が禁止されます。肝機能障害を患っている場合も注意が必要です。これは高齢男性に限らず、若年層であっても同じことが言えます。

医師に相談してみることが大切

体調面に不安があるなら自分だけの判断でタダシップを飲むことは避け、まずはかかりつけの病院に相談することが最適です。医師が服用可能であると判断すればED治療のためにタダシップを飲むことができます。
もし服用を禁止されればED治療薬全般は飲めないと考えていいでしょう。その場合は治療薬以外でEDを治す方法を探さなければいけません。

併用できる薬を確認しておくと安心

50代以上の高齢男性は生活習慣病などの治療で薬を服用している場合が多いため、必ず事前に併用禁忌薬を把握しておきましょう。もし問題ないようであれば安心してタダシップを飲むことができます。

タダシップは硝酸剤(内服薬・外用薬問わず)との併用が禁止されています。また、アデムパムという薬との併用も禁止です。これらは一緒に服用すると血圧が著しく低下し、危険な状態に陥る可能性があります。高血圧の治療などで薬を服用しているという人は、ED治療を行う前に調べるようにしましょう。

更新日:

Copyright© 緊張してたたない時は「タダシップ」がおススメ , 2018 All Rights Reserved.