生活習慣が悪い男性にはタダシップは効かない?

タダシップと言えば、シアリスのジェネリック医薬品でコストパフォーマンスに優れているということはもう知っていますよね。

1錠飲めば効果は36時間で自然な勃起を促します。また副作用も抑えられいて、食事やアルコールの影響を受けにくとされているので人気の薬となっています。

金曜日の夜に飲んでおけば、土曜日の夜。それどころか日曜日の朝まで効果は続きます。だからタダシップは「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

でもこのタダシップを飲んでも、効果に満足できなかったり、思っていたより効果がなったなど不満をもっている人もいるでしょう。

実はタダシップを飲んでも効きづらい男性もいます。その原因の多くは生活習慣の悪さにあることがわかっています。

今回は、生活習慣の悪さがEDとどんな関係があるのか、またタダシップが効きづらくなる他の原因も紹介したいと思います。

肥満でお腹が出ている男性

タダシップが効かない原因はこれ

タダシップの効かない原因は以下の3つです。

・血管機能低下
・老化、神経障害
・食事の摂り過ぎ

血管機能低下は動脈硬化、肥満などでおこります。つまり生活習慣が悪いと起きてしまいその結果、血管機能は低下してしまいます。

具体的にいえば、運動不足、タバコ、インスタント食品、コンビニ弁当、外食などをよく摂る男性です。

インスタント食品やコンビニ弁当、外食などは味付けが濃く高塩分で高カロリーです。

このような食事を多く摂っていくと高血圧症や肥満になってしまい、血管機能が低下していきます。その中でもタバコを吸う男性は要注意です。

ED患者の約8割が喫煙者と言われています。もちろんすべての方の主な原因がタバコではありませんが、タバコも大きな要因になっていると言えるでしょう。海外の調査によると、EDになるリスクは日に吸うタバコの本数が多くなるにつれて高まります。タバコを吸わない方と比較してみると、1~10本吸う方ですと1.27倍、11~20本になりますと1.45倍、21本以上では1.65倍まで高まると言われています。

引用元URL:https://www.united-yokohama.com/column/10367/
ユナイテッドクリニック 横浜駅前院

タダシップの成分であるタダラフィルはペニス付近の血管を拡張させ勃起させますが、タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させ、ペニスに血液を送ることを阻害します。

タバコを吸って血管機能が低下しているのであれば、タダシップ効果を最大限発揮できなくなってしまいます。

次に老化と神経障害です。タダシップは60歳以上の男性には効きにくいとされています。これは神経の老化が原因だからです。

勃起は脳から性的興奮を受けて、陰茎に伝達しますが、神経の老化や神経障害があれば上手く伝達することができないためタダシップを飲んでも効きません。

また糖尿病やパーキンソン病の神経疾患や、前立腺ガンの手術などで神経を一部摘出した男性もタダシップの効果を最大限受けることができません。

最後に知っている男性は多いと思いますがタダシップを飲む前の食事の摂り過ぎは、タダシップの効果を減少させてしまいます。

つまりタダシップを食後に飲むことには注意が必要です。

タダシップは食事やアルコールの影響を受けにくと言われていますが、それは少量の話です。

具体的に言えば800kcalまでです。これはしょうが焼き定食でギリギリのカロリーです。参考までに下記のURLを見てください。

URL:https://www.suntory-kenko.com/contents/enjoy/diet/menu/
参照元:サントリーウエルネスOnline

タダシップの恩恵を100%もらう飲むタイミング

タダシップの恩恵を100%をもらうには、飲むタイミングが重要です。タダシップは性行為の3時間前に飲んでおくことがベストです。なぜなら、タダシップを飲んでから3時間後に血漿中のタダラフィル濃度がピークになるからです。

上記ではタダシップを食後に飲む場合は、食事を800kcalまでに控えると言いましたが、タダシップを食事の前に飲んでおき、身体に吸収させておけばその後の食事の影響を受けなくなります。つまり800kacl以上の食事を摂ってもいいということです。

食前にタダシップを飲む場合は吸収時間も考えて食事の2時間前までには飲んでおきましょう。

アルコールは飲まないに越したことはないですが、少量であればタダシップの効果を半減させることなく受けることができます。

具体的な量は、ビール中瓶1本、日本酒1合、チュウハイ(7%)350ml、ウィスキーダブル一杯に該当する量です。

アルコールは気持ちをリラックスさせる作用があるので勃起しやすくなりますが、アルコールの過剰摂取は神経伝達を悪くさせるため逆効果となってしまい、勃起しなくなってしまうので注意してください。

また、タダシップに含まれている成分タダラフィルの含有量は20mgです。

これは日本人には多いとされているので、中には副作用を強く感じる男性もいます。

そうなれば性行為どころではなくなることも考えられるので最初はピルカッターなどで半分にしてから飲み、それでは効果が不十分と感じてきたら20mgに増量してください。

タダシップを飲んではいけない男性もいる

ドクターストップ

タダシップはとても優秀なED治療薬ですが、誰でも飲んで良いわけではありません。タダシップは「医薬品」なので、飲んではいけない男性もいます。

それは、血圧が高く降圧剤のお薬を飲んでいる男性はタダシップを飲んではいけません。

なぜなら、タダシップは血圧を下げる作用もあります。

降圧剤を飲んでいる男性はさらに血圧を下げてしまうので、大変危険です。

また、心血管系の病気をもっている男性がタダシップを飲むと心筋梗塞を起こす可能性もあります。

直近3ヵ月以内に心筋梗塞の既往歴がある男性、直近6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血の既往歴がある男性はタダシップは禁忌とされています。

他にも心不全、肝臓障害、腎不全、不整脈などの既往歴がある男性も自己判断でタダシップを飲んではいけません。

必ず医師に相談してから飲んでください。

タダシップは毎日飲めるのか?

タダシップを飲むにあたって気になることがあります。それは毎日飲んでいいのか?ということです。

日本では「シアリスは性行為の前に飲む」ということが前提になっています。1回飲んだら24時間以上の間隔を空けないといけません。

シアリスの効果は36時間です。24時間間隔で飲んだら危険ではないのか?

と思ってしまいますが、海外ではタダシップの先発薬であるシアリス20mgを健康な男性に毎日服用させても副作用が起こりやすくなるだけで、重篤な健康被害はないとして毎日飲む定期服用法が認められています。

日本のクリニックでもこの下記のような記事があります。

URL:http://www.viagra-h1.com/blog/blog44.html
参照元:浜松町第一クリニック・渋谷駅前クリニック

この記事では、腎障害がある男性以外はシアリスを毎日飲んでも問題ないとされています。

つまりシアリスのジェネリック医薬品であるタダシップも毎日飲んでも良いと言い変えることができます。

20mgのタダシップを毎日摂ると副作用が起こりやすくなるので、半分、四分の一などに割ってから飲むことで、副作用を抑えることができます。

まとめ

タダシップはED治療薬の中でも副作用が少なく、ED治療薬を初めて使う男性でも扱いやすい薬です。

効果時間が36時間と長いため、デート前に飲んでおくことで、時間に縛られずセックス直前に焦ることもなくなります。

しかし、アルコールの摂りすぎは、勃起しなくなってしまうので注意が必要です。今回紹介した、タイミングでタダシップを飲めば、効果を最大限引き出してくれます。

これで自信をもってセックスができるようになるので、一度試してみてください。

シアリスのジェネリック人気ランキング

シアリスは、先発のED治療薬バイアグラ、レビトラよりも長時間作用するため大人気!

ジェネリック医薬品なら効果はそのままで値段は約1/10で購入できてお得です。

タダシップ

タダシップ通販バナー

タダシップは、勃起不全のED治療薬シアリスのジェネリック医薬品で、シプラ社が製造販売しています。 有効成分タダラフィルは、先発薬のシアリスと同一成分のため、効果や持続時間も同じであり安心安全にご利用いただけます。

副作用が少なく持続時間が長いのが特徴であるED治療薬なので使いやすくおススメ。

投稿日:

Copyright© 緊張してたたない時は「タダシップ」がおススメ , 2018 All Rights Reserved.