タダシップの効果を最大限にする方法

タダシップや先発薬のシアリスは飲むだけで、しっかりと効果を与えてくれます。しかし、タダシップやシアリス、またはEDの薬は飲み方を少し変えるだけで、より効率良く効果を高めることが可能です。
こちらでは効率の良い方法を記載しています。

症状改善の為にタダシップを使おうかなと考えている方、現在使っている方にもお役に立てる情報を掲載していると思うので、是非チェックしてみてください。

効率の良い使い方をすると、EDをより効果的に治し、健康的な生活を取り戻すことができますよ!
しかし、間違った使い方をしてしまうと副作用の発症率を高める恐れもあるので注意が必要です。

体に異変を感じた場合は使うのをやめてを医療機関で診察を受けてください。

一般的なタダシップの使い方と副作用

効率の良い使い方の前にタダシップの使い方や副作用に関する情報を掲載します。使い方や副作用の発症率などの情報を知ることで、タダシップを正しく使うことができます。

情報を知ることで副作用の対応もしっかりと冷静に行うことができますよ!
タダシップの使い方ですが、通常の薬と同じように飲むことができます。
また比較的に低い確率ではありますが、タダシップは副作用が報告されています。主な副作用は顔のほてり、頭痛などが挙げられています。

しかし、これらの副作用はタダシップ以外の薬(バイアグラ、レビトラ)でも報告されており、効果時間が切れると同時に副作用も収まります。

軽度な症状ばかりなので「副作用の発症は薬が効いている証」ととらえる方も多く、そう考えることで心にゆとりを持つことができます。

お酒の影響

お酒の影響タダシップやシアリスはアルコールの飲酒後でもしっかりと効果があらわれる薬です。それまでの薬は飲酒後に飲むのは避けるべきというデメリットがありましたが、タダシップやシアリスはそのデメリットが解消した薬です。

パートナーとの性行為の前は食事やアルコールといった飲酒を楽しみたいもの、でも薬のことを考えるとといった心配もありません。
しかし、影響がないと言っても、やはりアルコールを取り過ぎると酔っ払ってしまいます。

そのため、薬を飲むことを忘れてしまったり、酔いのせいで性行為どころではなくなってしまいますので、飲酒は控えめにされた方がよいでしょう。

またアルコールは射精しにくくなると言われていますので、満足できる性行為ができなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

またアルコールに弱いという方はより注意が必要です。
タダシップといったEDの薬は血管を広げる効果があり、アルコールにも血管を広げる効果があります。

アルコールに弱い方がタダシップとアルコールを一緒に飲んでしまうと血管が広がり、一気にアルコール酔いが引きおこる可能性があるため、大変危険です。

飲むのタイミング

タダシップは長時間効果があるため、基本的にはどの時間帯に使っても大丈夫です。また他の薬とは違い、タダシップや食後に使うことができます。

パートナーの性行為はデートなどの後に行うことが多く、デートとなると楽しい食事やアルコールを飲む時間などが考えられますが、それらの後でも気軽に飲むことができ「薬を飲む」というストレスを感じることなく使うことことができます。

また、タイミングとしては性行為を行う前の1時間前に飲むことをおすすめします。

理由としてはタダシップの効果が現れ始めるのが飲んだ後の約1時間であり、1時間前に飲むことで準備万端な状態を作ることができるからです。
これから性行為というタイミングで使うとパートナーと満足できる性行為をすることができ、より親密な関係を作ることができます。

またタダシップは効果時間が長いのでホテルを出る前に性行為を楽しむこともできます。
タイミング次第で何度も満足できる性行為が可能になるタダシップはまさに万能薬と言っても良いかもしれません。

飲む場合は水orぬるま湯

水・ぬるま湯タダシップはお茶やアルコール、カフェインの影響を受けにくい薬なので、飲みモノならどれでも良いかもしれません。
しかし、より効果を高めるなら一般的な薬と同じようにミネラルウォーターといったきれいな水や薬が溶けやすいぬるま湯などがおすすめです。

タダシップはゆっくりと溶けていく薬なので、マイルドな効果が期待できます。また早く溶かしたい、効果が欲しいと言ってミネラルウォーターやぬるま湯を飲み過ぎてはいけません。

理由としては多くの水分がタダシップの成分を薄くさせる可能性があるためだからです。
食事や水分の影響を受けにくいからと、水をがぶ飲みしたり、アルコールを大量に飲んだ後にタダシップを飲むことは控えましょう。

特にアルコールは上記でもありますが、酔いつぶれる可能性もあります。
またより効果を高めるなら空腹時にミネラルウォーターやぬるま湯で飲むことをおすすめします。

飲む時間を守る

これはタダシップだけではなく、薬全般に言えることです。
タダシップは1錠飲むと約36時間ほど効果が続きます。
そのため、2回目を考えた場合は36時間以上または48時間と2日以上経過してから使いましょう。

パートナーといると「もっとセックスがしたい」「つながりたい」と考えてしまいますが、用法容量や使う時間を守らずに飲んでしまうと副作用を発症させてしまいます。

また過剰摂取は軽度な副作用だけではなく、重度な副作用の発症率を高めてしまいます。

海外のデータではタダシップではありませんが、EDの薬を過剰摂取してしまい死亡してしまったという例もあるため、薬を使う場合は用法容量や飲む時間を守ることが大切です。

タダシップは1錠で約1日半ほど効果が続くので、パートナーと満足できる性行為を長時間楽しむことができるので過剰摂取を考えなくても、しっかりと効果が期待できます。

また性行為は思っていたよりも体力を消費します。
アルコールの後など気分が高まっている状態で性行為を行うと無意識に過激な性行為を行う場合もあり、いつも以上に体力を消費してしまうこともあります。

体力を消費した状態でタダシップを使うと体に負担を与えてしまうこともあります。過剰摂取や時間を守り正しく使うことが大切です。

シアリスのジェネリック人気ランキング

シアリスは、先発のED治療薬バイアグラ、レビトラよりも長時間作用するため大人気!

ジェネリック医薬品なら効果はそのままで値段は約1/10で購入できてお得です。

タダシップ

タダシップ通販バナー

タダシップは、勃起不全のED治療薬シアリスのジェネリック医薬品で、シプラ社が製造販売しています。 有効成分タダラフィルは、先発薬のシアリスと同一成分のため、効果や持続時間も同じであり安心安全にご利用いただけます。

副作用が少なく持続時間が長いのが特徴であるED治療薬なので使いやすくおススメ。

投稿日:

Copyright© 緊張してたたない時は「タダシップ」がおススメ , 2017 AllRights Reserved.