タダシップが安いのはナゼ?本当にシアリスと同じ効き目なの?

タダシップはシアリスのジェネリック医薬品として注目を集めています。病院で処方してもらえないため、どうしても海外から個人輸入することで手に入れる必要がありますが、ED治療薬としての効果の高さはもちろん低価格であるという点も魅力的です。

時にはその安さを不安に感じることもあるかもしれません。安全性を気にしてなかなか購入に踏み切れないという男性も居るでしょう。しかしその安さには理由があります。ED治療を検討しているならタダシップの安さと効果の高さに注目してみましょう。

タダシップの有効成分はシアリスと全く一緒

両手に箱を持つ人形個人輸入代行を利用すれば簡単に購入できるタダシップ。シアリスにも含まれる「タダラフィル」が主な有効成分で、これが作用することでEDの症状を改善させることができます。
ジェネリック医薬品であるタダシップは、新薬であるシアリスの半額以下で購入できます。EDの治療が長期化すると薬代もかかってくるため、安い価格帯の薬は特に人気があるのです。

タダラフィルを含むED治療薬はいくつかありますが、最も評判が良いのはタダシップで、幅広い年齢層の男性に愛用されています。

ジェネリックが安い理由

タダシップがシアリスより安い理由はずばり「ジェネリック医薬品」だから。ではなぜジェネリックは新薬よりも安く販売されているのでしょう。その理由はそれぞれが販売されるまでの過程に注目することで明らかになります。

新薬(先発薬)の場合:開発・臨床試験(15年前後)→販売
ジェネリックの場合 : 開発(3年前後)→販売

両者を比較してみると、開発期間に大きな違いがあります。新薬の開発は新たな成分を生み出すところから始まり、販売後も効果や安全性などを臨床試験によって調べなければいけません。その分時間もコストもかかるものです。
それに対してジェネリックは既に開発・販売されている新薬を基にすることで開発期間やコストを大幅に削減できます。
この違いが薬の値段に差をつけているのです。

日本産のシアリスジェネリックはない

ジェネリックは本来、新薬の特許期間中は製造・販売することができません。新薬であるシアリスはまだ特許期間中なので、ジェネリックは日本国内では販売されていないのです。

しかしタダシップの原産国であるインドは日本と法律が違っていて、多くのジェネリックを開発・販売することが可能になっています。タダシップは購入者自身が服用する場合に限り個人輸入が認められているため、インドから取り寄せることができるのです。

効果や副作用の違いは?

シアリスと同じ有効成分を含むタダシップですが、全く同じ薬というわけではありません。2つの薬には同じポイント、違うポイントがあります。

例えば有効成分は同じで、タダラフィルが20mg含まれたシアリス・タダシップはそれぞれ同等の効果が得られます。また、安全性も同じだと考えていいでしょう。

しかし錠剤の形や色など、見た目が違うことがあります。ジェネリックは新薬と異なる添加物が配合されるなどして、飲みやすく改良されていることも珍しくなく、それによって副作用が出にくいケースも多くなっています。新薬よりも強い副作用が出てしまうことはまずありません。

つまりタダシップはシアリスと同じ効果を持ち、それに加えて副作用も少ないのです。

タダシップはシアリスジェネリックの中でも安全性が高い

タダラフィルを有効成分とするED治療薬はタダシップ以外にもいくつか存在します。それらは全てシアリスのジェネリック医薬品で、価格帯はどれも同じくらいです。「同じ値段、同じ効果ならどれを飲んでも一緒じゃないか?」と考えるかもしれませんが、それは違います。

タダシップの製造販売元はインドの製薬会社である「シプラ社」です。インド国内でも大きな会社で、多くの医薬品を取り扱っています。他の製薬会社からもシアリスのジェネリックは製造されているのですが、シプラ社の医薬品は世界各国で販売されているため、信頼性の高さはピカイチです。

もしもED治療薬の選択に迷ったら、タダシップの購入をおすすめします。

タダシップの偽物には注意!

聴診器を差し出す医師インドの製薬会社によって製造・販売されているタダシップを購入する際、偽物には十分注意しなければいけません。とは言ってもどれが偽物なのかを判断するのは難しいことです。

タダシップの箱や錠剤シートの裏には本来使用期限が記されています。タダシップは日本国内では市販されていませんが、正規品であることには変わりありません。そのため使用期限が記載されないということはありえないのです。
もし手元に届いた薬が偽物だった場合、十分な効果は得られず、思わぬ副作用が生じる危険性も考えられます。

タダシップは手が伸ばしやすい値段なので、特に疑問を抱くことなく購入する人も居るかもしれません。しかし服用する前に本物かどうかをしっかり確認することが大切です。

利用する通販はしっかり選びましょう

タダシップをインドから個人輸入する場合、個人輸入代行サービスが役立ちます。専用のサイトや電話から購入手続きを行えるため、感覚としては普通の通販と大差ありません。この時に信頼できるサービスを選択しておくと安心でしょう。正規保証のある通販なら偽物を購入してしまうリスクが非常に低いのでおすすめです。

タダシップの個人輸入は自己責任です。自分自身で薬はもちろん利用するサービスの質を見極める必要があるので、納得した上で購入するようにして、安全な方法でED治療を行いましょう。

更新日:

Copyright© 緊張してたたない時は「タダシップ」がおススメ , 2018 All Rights Reserved.